キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 糖尿病と歯周病? : 藤が丘の歯医者解説

糖尿病と歯周病?

藤が丘の歯医者さんでも糖尿病と歯周病の関係を知ってほしいと積極的な広告が行われています。

藤が丘の歯医者解説mainイメージ

糖尿病と歯周病?

あまり知られていないことですが、最近藤が丘の歯医者さんでも「糖尿病の治療と歯槽膿漏の治療を同時に行おう」という広告を見ることがあります。

糖尿病と歯周病?と不思議に感じる方が多いでしょう。

確かに糖尿病と歯周病とは全く関係ないように感じます。

しかし、現実に統計を取ると糖尿病の方は、健康な方と比較すると、2倍以上も歯周病や歯槽膿漏が起きやすくなると報告されています。

また糖尿病の方は、歯周病が重症化しやすく歯を失う要因となるリスクが高いということもわかってきています。

糖尿病を患う方の中には、血糖値のコントロールをしっかり行い、その数値が良くなることで、歯周病の状態がよくなったという人も多く、歯周病と糖尿病は大きな関係があるということがわかります。

なぜ糖尿病の人に歯周病が多くなるのか、また重症化するのかというと、まず、糖尿病の方は血糖値が高くなることで、体内の水分が極端に減少しています。

そのため、口腔内が渇き、水分が少ない状態になります。

唾液は食べ物を消化するという働きのほかに、口腔内の浄化という役割を持っていますので、糖尿病で唾液が少なくなることによって浄化の働きが悪くなり口腔内の衛生状態が悪くなることが原因の一つと言われています。

また高血糖状態は細菌をやっつける好中球の働きが弱くなることがわかっており、そのことで感染防御能力が弱くなるということも知られています。

口の中の細菌類で感染をおこし、それが歯周病を引き起こす、また重症化する要因となっているのです。

藤が丘の歯医者さんでも、歯周病治療と共に糖尿病の方、また血糖値が高い方はコントロールを同時に考えていくように推進しています。

Copyright www.lcdnfo.com.All Rights Reserved.

当サイト(藤が丘の歯医者解説)の記事・画像などの無断転用を禁止します。