キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 虫歯が多い国と言われないように : 藤が丘の歯医者解説

虫歯が多い国と言われないように

砂糖消費量は少ない、でも虫歯が多い、と言われないために。藤が丘でも予防のため歯医者に行く方が多くなっています。

藤が丘の歯医者解説mainイメージ

虫歯が多い国と言われないように

年齢を重ねると歯が悪くなるのは当然で、入れ歯になる事も仕方ない、そう思っている方が多いようです。

日本は欧米と比較するとかなり虫歯の本数が多い方で、砂糖など甘味の消費が少ないのに虫歯が多いという不思議な国が日本です。

今まで日本では、歯医者というと虫歯を治しに行くところで、予防歯科ということになると審美的な要素が強いということで、予防的措置は保険診療とならないことも多かったのです。

最近は歯を治療するということにプラスして、虫歯にしないための治療が必要という予防歯科へ興味を持つ方が多くなり、藤が丘の一般歯科などの歯医者でも予防歯科の治療ができるようになりました。

確かに私たち40代、50代の年代では、歯医者は歯が悪くなってから、また痛くなってから行くところで、痛くもかゆくもないのに行く場所ではないというイメージがありました。

医者もそうです。

医者は具合が悪くなってから行くところ、だから健康診断なども積極的に受けに行こうと思わない、という人が圧倒的に多かったでしょう。

でも現在は、人間ドックなど実費がかかる検査も、進んで受ける方が多くなっています。

藤が丘でも、歯医者、医者についても、健康被害となる前に行っておけば、悪くなりそうなところを見つけてくれると、多くの方が予防的措置を求めて歯医者に、健康診断をしに医者に行っています。

悪くなる前にきちんと予防していくということができれば、砂糖消費量が一番少ないのに虫歯がなぜ多い?などと言われない国になります。

Copyright www.lcdnfo.com.All Rights Reserved.

当サイト(藤が丘の歯医者解説)の記事・画像などの無断転用を禁止します。