キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不正咬合治療で健康に : 藤が丘の歯医者解説

不正咬合治療で健康に

日本人に多い不正咬合を藤が丘の歯医者さんでしっかり治療することで頭痛や肩こりがなくなることがあります。

藤が丘の歯医者解説mainイメージ

不正咬合治療で健康に

日本人はあごが小さく、歯が収まりきらない「叢生(そうせい)」という状態になっている人が多いようです。

出っ歯などとも言いますが、歯の大きさが合わず前に出てしまっているという人もいます。

矯正が必要な歯並びなどを不正咬合といいますが、不正咬合のため、頭痛や肩こりなどを引き起こしている人も少なくありません。

前歯が反対の噛みあわせになっている反対咬合や、深くなりすぎている過蓋咬合などたくさんの不正咬合があります。

出っ歯も不正咬合の一種です。

こうした歯と歯がきちんとかみ合わない状態は、ものをかみ切ることが難しいということのほかに、姿勢が悪くなるなどの健康面に悪い影響を与えることも多いのです。

実は不正咬合となっている人の率が高めなのが日本人です。

現代は、歯の矯正を行っている人も多くなっていますが、昔は歯の矯正が積極的ではなかったため、ほとんど見かけませんでした。

歯医者さんも一般歯科が多く、矯正歯科はそれほど見かけませんでしたが、今は藤が丘でも矯正歯科が非常に多くなっています。

藤が丘の歯医者さんに行くと一般的な歯医者さんでも、X線などを利用して歯の生え方や顎の形を確認する検査が行われます。

上あごと下あごの大きさ、その位置などを細かく確認することで見えない不正咬合がわかることもあります。

原因がない頭痛やひどい肩こりなど、歯が原因ということも多いです。

もし、こうした症状がある場合、矯正歯科や審美歯科を受診し、不正咬合の治療を行うといいでしょう。

Copyright www.lcdnfo.com.All Rights Reserved.

当サイト(藤が丘の歯医者解説)の記事・画像などの無断転用を禁止します。