キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 自分の歯で老後を迎えよう : 藤が丘の歯医者解説

自分の歯で老後を迎えよう

高齢になっても健康な自分の歯でいよう、藤が丘の歯医者さんでも自分の歯を残す治療が積極的に行われています。

藤が丘の歯医者解説mainイメージ

自分の歯で老後を迎えよう

高齢化社会となっている日本において、歯の事情、どうなっているかご存知でしょうか。

高齢になっても自分の歯で食事ができるということは、食べ物をしっかり咀嚼し、老化によって弱くなっている臓器に負担をかけずに栄養を消化吸収できるということです。

しかし現在の日本の現状では、後期高齢者は3人に1人が総入れ歯という状態です。

ずっと昔と比較すると、現代、歯の喪失率は低くなってきているものの、海外と比較すると歯の喪失率は高く、特に高齢者になるほど、自分の歯で食事できているという人は少なくなります。

現代の歯医者さんは、虫歯を治療するということのほかに、予防治療に力を入れているところが多くなっていますね。

藤が丘にしても歯医者さんに行くと、虫歯の治療と共に歯石除去やクリーニングなど、虫歯にならないような処置を進められることが多くなっています。

歯石が残ったまま放置しておくと、虫歯になる確率が高くなるほか、歯槽膿漏になる可能性もあるのです。

自分の歯でも老化によって歯茎が痩せ、そこに歯石がたまると歯槽膿漏などになりやすいのですが、義歯の場合、さらに虫歯、歯茎の病気になりやすいといわれています。

自分の歯を大切にするということは、自分の健康に留意するということにもつながり、健康的な老後を過ごすためにも必要不可欠なこととなるのです。

藤が丘でこれから歯医者に行こうと思っている方は、ぜひ、予防ということを考慮し、歯のクリーニングや歯石除去などを積極的に行ていきましょう。

Copyright www.lcdnfo.com.All Rights Reserved.

当サイト(藤が丘の歯医者解説)の記事・画像などの無断転用を禁止します。